2016年06月09日

小林麻央の3人目妊娠の噂は体調不良を隠すフェイクだった

c0122200_71745.jpg
matome.naver.jpより引用。

タレントの小林麻央(こばやしまお)さんが少しふっくらとしたスタイルとなり「3人目妊娠か?」といった関係者の話があった事が、6月になって報道されました。

しかし具体的に誰がその姿を見たという事が記述されているわけではないですし、ましてや写真・画像の掲載等全くありません。あくまでご贔屓にしている人の1人が言ったとしか書かれおらず、違和感を感じたものでした。

そして当人の小林麻央は実は進行性がんを患っているのだと、6月8日に分かりました。
これによって3人目妊娠説は、そういった諸々の体調不良を誤魔化すためにあえて流した情報だったというのが容易に想像できます。

進行性がんを患うと痩せる2つの理由
小林麻央さんは早期がを通り越して進行がんを患っていると報道されました。

早期がんというのは、がんが発症した直後の小さなポリープだったりそれより少し広がった状態であり、まだガンの腫瘍が粘膜や筋肉層の中にとどまっている状態です。
ガンの状態を示すステージでいえば、ステージ0かステージ1位です。

しかし筋層を超えて広がった状態となると進行がんという名称に変わり、ステージも2以降の重度と診断されます。

そして進行がん状態になると、ガン症状が物理的に食物の通り道を圧迫するので食事を取るのが困難になります。また、体の中に栄養をキープするのが難しい悪液質という状態になります。
この2点の理由から、進行がん状態になると必ずといってよいほど痩せてしまうのです。

妊娠したと間違われるくらいにふっくらとするなど有り得ません。
ましてや小林麻央さんは元々細身ですし。

「3人目妊娠したのか?」という質問内容を小林麻央の事務所は否定しましたが、それを含めて全てデキレースだったのでしょう。


posted by masa_senmon_999 at 11:59 | Comment(0) | 小林麻央 3人目妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。