2016年06月05日

大谷「二刀流」出場で日本最速、163キロ

26224_original.jpg
topicks.jpより引用。

2点リードの四回1死満塁。日本ハムの大谷はぐっと力を込めた。1ボール2ストライクからクルーズへの4球目は、「空振りを取りにいった」というこん身の直球。ファウルにされたものの、スコアボードには日本最速を意味する163キロが表示された。

自己記録を更新した1球を「そんなに手応えはなかった。真ん中にいったが、スピードがあってファウルになった」と振り返る。どよめきが残る中、次の5球目は40キロ以上も遅い変化球を選択。三ゴロ併殺打で切り抜け、何度も拳を握った。

5番投手で臨んだ試合は、出はなをくじかれた。一回の攻撃は次打者席で終了。準備もままならないままマウンドへ向かい、先頭の大田に先制ソロを浴びた。

そこで大崩れしなかったのはさすが。三回には自らの犠飛で3点目を挙げ、「投手大谷」を援護した。
速球に落差のあるフォーク、110キロ台の緩いカーブを交えて変幻自在の投球だった。

2失点で完投し、バットでも1安打1打点。「二刀流」として投打で勝利に貢献し、
記録も塗り替えた21歳は「いいゲームだったと思います」。こともなげに話す姿に大物感が漂う。

ついに日本人で163達成だね!
これからも記録を伸ばしてより大物になって日本球界を盛り上げてほしい。


posted by masa_senmon_999 at 21:08 | Comment(0) | 大谷翔平 ニュース 一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。