2016年11月30日

星野源の病気とパニック障害について [うつ病・パニック障害になった芸能人]

34668_original.jpg
LAUGHY [ラフィ]より引用。

星野源の病気とパニック障害についてというタイトルで、記事を書きたいと思います。

1 星野源の病気についてとプロフィール
2 星野源のパニック障害


俳優など、多才な才能を発揮する星野源が、2014年2月23日放送の「情熱大陸」という番組内で、パニック障害や不安神経症などの病気であった過去のことに触れています。

星野源の病気についてとプロフィール

まずは星野源のプロフィールからみてみましょう。

星野源、生年月日は1981年1月28日(35歳)、血液型AB型、出身地は埼玉県で、職業は俳優・音楽家・文筆家、所属事務所は大人計画事務所です。

埼玉県蕨市出身である星野源は、自身の育った環境をこう語っています。住宅街に赤ちょうちんがある、何もないところ。静かな場所で育った星野源は、TVでマイケル・ジャクソンを見て、かっこいいと思い憧れていたそうです。

中学1年生になった星野源は、演劇活動と音楽活動を同時並行で開始します。

2000年に結成したバンド「SAKEROCK」を筆頭に、シンガソングライターとして音楽活動を活発化させた星野源は、2011年に発表した2ndアルバム「エピソード」で、オリコン・ウィークリーチャート(2011年10月10日付け)で5位を獲得し、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞しました。

2010年3月29日から、NHKで放送された「ゲゲゲの女房」で、星野源は脚光を浴び、その後舞台、ドラマ、コンサートなどで着実に行い、星野源はアーティストとしての足場を固めていきました。

2012年12月22日に、くも膜下出血であると診断された星野源は、活動を休止します。その後2013年2月28日J-WAVE「TOKYO HOT 100 CHART OF THE YEAR」の授賞式で、星野源はステージに立ち復帰をしますが、2013年6月頃に行った定期検査の結果、手術をした箇所が万全ではないと分かり、経過観察と新たな処置が必要との診断を受け、星野源は再び治療に専念します。

同じく2013年、映画「箱入り息子の恋」や「地獄でなぜ悪い」の演技や、アニメ映画の声優、映画音楽の制作などが評価されて、星野源は、第5回「AMA映画賞」「第37回日本アカデミー賞」「毎日映画コンクール」などの新人俳優賞を受賞しました。

2013年は、良いものと悪いもの、星野源にとって、同時にはっきりと、わかりやすく起こった年でもあったようですね。


posted by masa_senmon_999 at 19:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。