2016年11月09日

米大統領にトランプ氏 駐日米大使館の職員「今後どうなるか正直不安です」 米大使公邸では開票状況を見守るイベント

sty1611090015-f1.jpg
産経ニュースより引用。

米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が第45代大統領に就任することが確実となった9日夕、東京港区の在日米大使館では、職員らが平静さを保ちつつも不安な様子を隠さなかった。

トランプ氏が勝利宣言をしたあとの午後5時半頃、仕事を終えて帰宅の途についていた大使館の日本人男性職員は「今後どうなるか正直不安です」と本音をぽつり。寒風の中、足早に立ち去った。

今後については、キャロライン・ケネディ駐日米大使も同じ立場だ。ケネディ氏は民主党のオバマ大統領の指名を受け、駐日米大使に就任。共和党のトランプ氏が次期大統領になることから、いずれは代わることになりそうだ。

大使館近くの会社に仕事で訪れていた男性会社員(52)は「今日、株や為替が大きく変動して驚いた。トランプさんの影響は日本にも大きく及ぶだろう。個人的には全く期待していません」と厳しい表情で語った。

一方、米大使公邸ではこの日、テレビの生中継で開票状況を見守るイベントが開かれた。米国の民主主義を体感してもらおうと大使館が企画し、日米両国の政府関係者ら約200人が参加した。(WEB編集チーム)


posted by masa_senmon_999 at 21:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。