2017年02月12日

オールインワン美容液【Considermal(コンシダーマル)】

■ターゲット
潤いが無くなった。毛穴が気になる。小じわが目立つ。
今まで様々なオールインワンゲルを使ってきたが満足していない。

■おすすめ訴求ポイント
・毛穴、キメ、浸透力、美白、オールインワンゲル美容液

■権威付け
・世界特許技術:ラメラテクノロジー
・ミスユニバースグランプリ"薗田杏奈さん" 大絶賛




posted by masa_senmon_999 at 23:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラウディ オールインワンファンデーション【BB&CCクリーム】

◆ラウディのBB&CCクリームは?
 BBクリームのカバー力と、CCクリームのつや、伸び、ナチュラル感を併せ持っています。
 ●BBとCC両方のイイトコ取り!
 近年、利用者が飛躍的に伸びているBBクリーム(Blemish Balm)、
 BBクリームの進化・派生系として注目のCCクリーム
 (Color Control等)それぞれの長所と短所を補った最新型ファンデーション!
 ●これ一本で7役のオールインワンファンデーション!
 BB&CCクリームは、これ1つで、クリーム、美容液、乳液、コンシーラー、
 ファンデーション、メイク下地、日焼け止め
 (SPF35・PA+++)の7つの役割を果たします。毎朝のベースメイクの
 時間を減らしたい。
 ベースメイクが苦手でうまくできない。
 そんな方も、たった30秒で大満足のベースメイクが完成です。
 ●こだわりの美肌成分をたっぷり配合!
 ・ヒト型セラミド、ヒト型コラーゲン、5種の無酸化の美容成分を配合!
 ・UVカット成分を特殊コーティングし、肌の酸化対策!
 ・外線吸収剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、着色料、
  合成香料は一切添加しておりません。もちろん、アレルギーテスト済み!


posted by masa_senmon_999 at 23:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米ミルクスムージー

◆玄米ミルクスムージーのこだわりポイント▽
 1.ラウディの玄米ミルクスムージーは美ボディを作るための
 厳選素材をたっぷり配合!
 ●ビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷり!15種の雑穀を配合
 青玄米、もち玄米、もり赤米、もち黒米、胚芽押し麦、もちあわ、
 はだか麦、もち麦、はと麦、
 もちきび、ひえ、小豆、黒大豆、青大豆、大豆

 ●根菜類を中心とした厳選7野菜を配合!
 人参、むらさき芋、椎茸、かぼちゃ、玉ねぎ、大根、トウモロコシ

 ●その他注目素材
 水素パウダー、酵素処理アスパラガス、月桃葉 など、

 2.おいしいから続けられる♪
 和三盆、きなこ、黒糖の自然な甘さで低カロリー!
 さらに、合成着色料、合成保存料、合成香料、合成甘味料は不使用です。


posted by masa_senmon_999 at 23:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志、三又又三への絶縁報道に「これはもう完全に事実です!」

7508da78bff01795997a1a4b44d640e2.jpg
Pinkyより引用。

ダウンタウン・松本人志(53)が12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、タレント・三又又三(49)への絶縁報道について言及。「完全に事実です」と語った。

写真週刊誌「FLASH」が、三又が松本から1000万円を借りたが返済せずに絶縁状態になっていると報じたことを受け、松本は「三又又三が僕から大金を借りて、全然返さないと…。僕から絶縁を受けていると…。三又又三はクソでどうしようもなかったと…。これはもう完全に事実です」と語った。

その直前、ウェブサイト「日刊大衆」が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜・後11時25分)のスタッフで、総監督の菅賢治氏(62)と、総合演出で“ヘイポー”の愛称で親しまれている斉藤敏豪氏(62)がリストラされると報じ、松本がツイッターで激怒。記事は削除され、謝罪コメントが出された件を紹介。「事実無根はやめて下さいということ」と松本が話した直後だけに、またもや報道を否定する流れかと思いきや、こちらは“事実認定”にスタジオがドッと沸いた。

東野幸治(49)が「事実じゃないですよね」と水を向けても松本は「本当に(借金を)返してません」と反応。ヒロミ(51)が「もしそうだったとしても後押しはやめてあげて…」と言うと、松本ははにかんだような笑みを見せた。

それでも三又への“追及”は加速。「FLASHさん! まだ甘いです。あいつのクソ加減をうまく表現出来ていない」と話していた。
posted by masa_senmon_999 at 23:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志が三又と金銭トラブル「あいつのクソさ加減」表現甘すぎと「FLASH」に苦言!

f4e87278a384907eac048b40e4ee0393.jpg
Pinkyより引用。

「ダウンタウン」の松本人志さん(53)が2017年2月12日、写真週刊誌「FLASH」でお笑い芸人の三又又三さん(49)との金銭トラブルを報じられた件で、情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「完全に事実です」と記事内容を認めた。

さらに、「あいつ(三又)のクソさ加減は未だ表現できてない」と「FLASH」の記事表現が甘すぎると苦言まで呈す怒りようだった。


つい数日前には、週刊誌「週刊大衆」のウェブ版「日刊大衆」の記事を巡って、虚偽だとツイッターで声を上げ、記事の削除と謝罪を得ていた松本さん。立て続けにメディアに取り上げられたとはいえ、「FLASH」の記事が正しいのであれば全て決着かと思いきや、そんなレベルの話ではなかった。

日刊大衆の6日付記事は、「ダウンタウン『ガキの使い』、ガースー&ヘイポー『電撃リストラ』の衝撃」と題し、松本さんが企画構成を担当する長寿バラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)でフリープロデューサーと番組総監督を務める菅賢治さん、総合演出の斉藤敏豪さん(あだ名は「ヘイポー」)が17年に入って担当を外されたと報じていた。

松本さんは6日朝、「日刊大衆。ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ。菅さんは数年前に既に日テレを退職されて総監督として三年間 頑張っていただきこの度めでたく卒業。ヘイポーは健在で近々OAのロケに参加してメッチャおもろかったけど。何? 2人に謝って。日刊大衆」とツイート。

日刊大衆が16時頃、この記事をウェブ上から削除して「その後の取材により、菅賢治氏は番組を卒業し、斉藤敏豪氏は今後も番組に関わっていかれることが確認されましたので、記事の取り消しをすると共に、菅氏並びに斉藤氏、番組関係者の方々に心よりお詫びをさせて頂きます」と陳謝した。すると、松本さんはツイッターに

「日刊大衆さん。今後も自分の仲間や家族が傷付けられたとき僕はいかります。。。」
と警告した。

12日放送の「ワイドナショー」でも、この騒動が話題に上った。松本さんは

「ぼくがクビにした、みたいな(書き方)。『わしはトランプか!』ちゅう話で。そんな力、私(には)ないので」
と述べ、再度「事実無根はやめてください」と強調した。その上で「それからもう1こ」と続けると、今度は写真週刊誌「FLASH」(2月21日号)の記事「松本人志『1000万円トラブル』で後輩芸人・三又又三と絶縁」へと移った。
松本「(1000万円)本当に返さないんです」

「FLASH」の記事は、松本さんとお笑い芸人の三又又三さんが「絶縁」関係にあると書いていた。お笑い業界に詳しい放送作家のコメントとして、三又さんが経営するバーの運転資金の名目で松本さんに1000万円を借りたものの、「ブランドバッグや時計の購入、女遊び」に使い果たしたと報じた。「松本さんは、怒りを通り越して、呆れ果てました」(同放送作家)とも。

松本さんは「ワイドナショー」で、毅然とした表情で

「三又又三がクソで、どうしようもないやつだっていうことをばーって。これはもう、完全に事実です。本当に返さないんです」
と明らかにした。タレントのヒロミさんが「もしそうだとしても、後押しはやめて」と注意しても、松本さんは

「FLASHさん、まだ甘いですよ。あいつのクソさ加減がまだ、うまく表現できていない」
と注文をつけた。
posted by masa_senmon_999 at 23:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志が三又と金銭トラブル 「あいつのクソさ加減」表現甘すぎと「FLASH」に苦言!

20100222_4b816e6aed684.jpg
株式会社アスパラより引用。

「ダウンタウン」の松本人志さん(53)が2017年2月12日、写真週刊誌「FLASH」でお笑い芸人の三又又三さん(49)との金銭トラブルを報じられた件で、情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「完全に事実です」と記事内容を認めた。

さらに、「あいつ(三又)のクソさ加減は未だ表現できてない」と「FLASH」の記事表現が甘すぎると苦言まで呈す怒りようだった。

つい数日前には、週刊誌「週刊大衆」のウェブ版「日刊大衆」の記事を巡って、虚偽だとツイッターで声を上げ、記事の削除と謝罪を得ていた松本さん。立て続けにメディアに取り上げられたとはいえ、「FLASH」の記事が正しいのであれば全て決着かと思いきや、そんなレベルの話ではなかった。

日刊大衆の6日付記事は、「ダウンタウン『ガキの使い』、ガースー&ヘイポー『電撃リストラ』の衝撃」と題し、松本さんが企画構成を担当する長寿バラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 」(日本テレビ系)でフリープロデューサーと番組総監督を務める菅賢治さん、総合演出の斉藤敏豪さん(あだ名は「ヘイポー」)が17年に入って担当を外されたと報じていた。

松本さんは6日朝、「日刊大衆。ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ。菅さんは数年前に既に日テレを退職されて総監督として三年間 頑張っていただきこの度めでたく卒業。ヘイポーは健在で近々OAのロケに参加してメッチャおもろかったけど。何? 2人に謝って。日刊大衆」とツイート。

日刊大衆が16時頃、この記事をウェブ上から削除して「その後の取材により、菅賢治氏は番組を卒業し、斉藤敏豪氏は今後も番組に関わっていかれることが確認されましたので、記事の取り消しをすると共に、菅氏並びに斉藤氏、番組関係者の方々に心よりお詫びをさせて頂きます」と陳謝した。すると、松本さんはツイッターに

「日刊大衆さん。今後も自分の仲間や家族が傷付けられたとき僕はいかります…」

と警告した。

12日放送の「ワイドナショー」でも、この騒動が話題に上った。松本さんは

「ぼくがクビにした、みたいな(書き方)。『わしはトランプか!』ちゅう話で。そんな力、私(には)ないので」

と述べ、再度「事実無根はやめてください」と強調した。その上で「それからもう1こ」と続けると、今度は写真週刊誌「FLASH」(2月21日号)の記事「松本人志『1000万円トラブル』で後輩芸人・三又又三と絶縁」へと移った。
posted by masa_senmon_999 at 23:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。