2017年01月29日

ダイエットの常識を覆す?!「ラクトエンザイム」

◆SNSで口コミ拡散中!?
 凄まじい威力がどんどん知れ渡っています・・・。
 スーパーオリエント酵素107種配合
 ⇒ただの酵素ではありません。
 ●芸能人の使用する、特殊な酵素点滴30本分を凝縮!!●

◆即効性を高めるために、濃縮液体に中身を変更。
 そのため、即・体感率30%★
 飲んで1時間で身体かポカポカ、
 翌日のトイレで大量の脂肪便が・・・!
 〜ダイエットの常識をすべて捨てる覚悟でお試し下さい〜




posted by masa_senmon_999 at 13:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GACKT愛用のマッスルサプリがついに登場!「メタルマッスル HMB」

◆GACKT愛用のマッスルサプリがついに登場!
 ▼ メタルマッスルHMB ▼
 『男の憧れ』、『女性にモテる』、といえば、
 断然《細マッチョ!》ですよね!
 ビルドアップしたいけど、鍛えるのって大変ですよね・・・
 そこで!
 いつでも効率よくビルドアップ出来る、【メタルマッスルHMB】の出番です★
 10粒摂取でプロテインのおよそ20杯分の筋力UP効果が期待できるんです!
 【メタルマッスルHMB】で、お得にラクにスピーディにモテBODYを目指しましょう!


posted by masa_senmon_999 at 13:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消えないニキビ、お化粧しても隠れないニキビからさようなら!ニキビケア化粧品「エクラシャルム」

◆消えないニキビ・・・
 お化粧しても隠れないニキビ・・・
 これを知ったらもうさよなら!!★
 【 エクラシャルム 】
 毎月300名様限定!☆ラクトクコース☆彡
 はじめてのかた限定のとってもお得なプランです!

◆!リピータ続出!
 しかも、あのスキンケア大学でも紹介されているので
 効果はお墨付き♪
 \ぜひお試しください/


posted by masa_senmon_999 at 13:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂大輔の球速の現在は?150キロはもう見れないの?

G20150428010248750_view.jpg
Naverまとめより引用。

松坂大輔の球速の現在は?150キロはもう見れないの?

松坂大輔投手のピッチングスタイルがMLBに移籍して以降、現在までの間に大きく変わりました。

そして、2015年のNPB復帰後はストレートが辛うじて140km/hを超える程度になりました。

ピッチングスタイルが変わったことよりも、この現在、球速が遅くなってしまっていることに驚いたファンは非常に多いと思います。松坂と言えば剛速球と切れ味抜群のスライダーです。

プロデビュー戦でいきなり155km/hを記録し、ファンをしびれさせた松坂の150km/hを超えるストレートはもう見ることができないのでしょうか?可能性はまだあると考えています。

トミージョン後も150キロを計測!

松坂投手は2011年シーズンに肘にトミー・ジョン手術を受けていますが、トミー・ジョン手術を受けた翌年の2012年シーズンにも150km/hを超えるストレートの球速を計測しています。



手術の経過も問題なく、150km/hの球速を計測する力はまだまだ健在のようでした。MLB最終年の2014年シーズンでも150km/hの球速を超え記録し、平均球速も145km/hを計測しています。



NPBに復帰する前年まではまだまだ力のある球を投げ込んでいたのです。なので、まだまだ十分に松坂投手は150km/hの球速を記録する力を秘めていると言えます。ちなみに松坂大輔投手の平均球速と最高球速の推移は以下の通りです。

・MLB1年目 平均球速が92.4マイル(148.7km/h)、最高球速が97.4マイル(156.7km/h)

・手術翌年   平均球速が91.5マイル(147.3km/h)、最高球速が94マイル(151.2km/h)

・MLB最終年 平均球速が90.3マイル(145.3km/h)、最高球速が93.8マイル(150.9km/h)

平均球速、最高球速と手術の影響もあり、やや減速していますが十分な水準です。しかし、NPB復帰初年度の2015年シーズンは140km/hを辛うじて超える程度しか球速が出ずに、シーズン途中に手術に踏み切りシーズンを終えました。

2016年は徐々に戻ってきた?

そして、本人も肩の不安が無くなったと発言した2016年シーズンですが、球速については二軍戦で144km/hを記録し、球速は明らかに増してきています。まだまだフォームは戻り切っていないためストレートはシュート回転しています。

しかし、考えようによっては復帰した2015年は肩の不安で球速が出ない状態であったとも考えることができます。そして、シーズン中に行った手術によって肩の不安がなくなり、今現在は徐々に球速が戻ってきている最中であるとも考えることができます。

まだまだ、状態を緩やかに上げている最中です。肩の不安もなくなり、気温も上がってきています。今シーズン中かは解りませんが、世界中を沸かせたあのストレートが完全復活とはまでは行きませんが、戻ってきています。

なので、これから暖かくなり150km/hの球速を計測する日はそう遠くないと考えています。平成の怪物、松坂大輔投手なら怪我なくシーズンを終えることが出来れば結果もついてくるはずです。150km/hの球速を超える日は必ず来るでしょう。
posted by masa_senmon_999 at 13:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

松坂大輔投手1.jpg
星々の煌めきより引用。

松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、
昨日の自主トレ公開では、いままで見られなかった引き締まった痩せた姿をみせた松坂大輔(36)が
3年契約最終年を迎える2017年での完全復活の可能性は期待できるのか?反応もまとめてみた。

松坂投手は一昨年推定3年12億円の大型契約でソフトバンクに加入するも故障もあり一昨年は1軍登板なし。
昨年も結果が出ない中、シーズン最終戦に中継登板したが、結果は1回を投げ4失点と大炎上で終わった。

スポーツのニュース松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」
松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、
昨日の自主トレ公開では、いままで見られなかった引き締まった痩せた姿をみせた松坂大輔(36)が
3年契約最終年を迎える2017年での完全復活の可能性は期待できるのか?反応もまとめてみた。

松坂投手は一昨年推定3年12億円の大型契約でソフトバンクに加入するも故障もあり一昨年は1軍登板なし。
昨年も結果が出ない中、シーズン最終戦に中継登板したが、結果は1回を投げ4失点と大炎上で終わった。

1999年の西武入団以来、史上初となる高卒1年目から3年連続最多勝の活躍に加え、
2回のWBC日本代表で、2回連続のMVPに選出され、日本チームの世界一に貢献するなど、
野球界を代表する投手として素晴らしい成績を残してきた。

さらに、2007年MLBのレッドソックスに移ってからも08年に18勝期待に応える大活躍をしていた。
それが、2011年のトミー・ジョン手術を受けた以降、暗転する。

それ以降のインディアンスマイナー、メッツ時代に結果を残せず、
2014年末にソフトバンクと契約を結び、日本復帰したわけである。
そして、この2年間もファンの期待を裏切り続けてきた。

特に、昨年10月2日の楽天戦での、悪夢の日本球界復帰後初登板での大炎上でファンにも見放された感があった。

現在の松坂そして、今季にかける思いはどうか?

昨年末、プエルトリコのウインターリーグに参戦し、4試合に先発し、
0勝3敗と勝ち星こそつかなかったものの、防御率2・70として、今季復調の手ごたえをつかんだと言われる。

さらに昨日の自主トレを公開では、体も絞れ、自身の投球フォームの映像にも納得していたという。

今年は、これまでの松坂と何が違うのか?
1. フォームの改造 昨季後にフォームを改造した。「左腕の使い方を意識して、全体の流れが変わった。
左腕を出す方向。体がスムーズに動く」と話す。プエルトリコでそれ以降安定したというノーワインドアップに変えるのかもしれない。

2. 体の絞り込み プエルトリコのウインターリーグでの実戦など、
今年のオフを無休で過ごし、体重を10kg近く減らしたのではといわれており、
昨年と比べ、明らかに体は絞り込まれている。

3. 自信が戻ってきて、明るくなった 「今年の投げている映像と去年を比べたら、
明らかに違ったので。大丈夫だと、やってきたことが形になりつつあると思いました」
と本人は述べている。

プエルトリコ・ウインターリーグでの手ごたえというのは、4試合のうちの1試合目では、相変わらず、
6四球をだす不安定さであったが、以降の試合でノーワインドアップにしてから安定し、
またこれまで、150キロ超のストレートの剛球で打者を封じてきたが、
プエルトリコではツーシームを多投して打たせて取るピッチングで。投球に安定感が出てきたというものである。

ただ、昨季終了後のこれだけの変化で、これまで、5年間も苦しんできた投球がそう簡単に復活するものであろうか?
posted by masa_senmon_999 at 13:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ソフトバンク】松坂“最終年”での復活に「筋道見えてる」

fb7a5852-s.jpg
Naverまとめより引用。

ソフトバンク・松坂大輔投手(36)が28日、福岡・筑後市のファーム施設で自主トレを公開した。ヤフオクDで契約交渉も行い、3年契約とされる最終年は、現状維持の年俸4億円(推定)でサイン。右肩手術からの完全復活を力強く約束した。

「恩返ししかないですね…。1軍のマウンドで投げて勝つこと。こうすれば大丈夫、という道筋は見えています」

 明るい表情が物語っていた。昨季終了後に参加したプエルトリコのウィンターリーグでは4試合、20イニングを投げ、防御率2・70の成績だった。

「プエルトリコで1か月投げて、最後の方に『いい形でいけそう』と手応えがあった。今年と去年の映像も見比べて、明らかに違いも出ていた」

まねできないような躍動感のあるフォームで、日米通算164勝。左腕の使い方をポイントに挙げた。

「一番は左腕を出していく方向。意識して変え、全体の流れが変わりました。スムーズに他の部分も動くような感覚があります」

一昨年8月に右肩手術。日本復帰2年間で、1試合の登板にとどまっている。オフは米国でほぼ無休の練習。この日は約50メートルの距離から力強い球を投げた。

「私生活で肩の痛みを感じることもない。向こう(米国)では寒いところでもブルペンに入っている。2年間、まともに投げられていない。スタートラインに立てるようにしたい」

昨季の最多勝左腕・和田は同学年。ひとくくりに「松坂世代」と言われてきた。2001年に沢村賞、WBCでは2大会連続(06、09年)で最優秀選手。平成の怪物には本物の自信が漂う。

「去年より状態がいいのは確かです。毅(和田)と一緒に戦っていきたい思いが強い。何とか、1軍のマウンドで投げたい。楽しみにしてもらえれば…」
posted by masa_senmon_999 at 13:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。