2017年01月03日

【総合3連覇&3冠達成後コメント】青学大・安藤主将、アンカーの大役果たし「走りきって足が壊れた」/箱根駅伝

2016-01.jpg
www.tantei7.comより引用。

第93回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場−東京・大手町=109・6キロ) 青学大が11時間4分10秒で史上6校目の3年連続総合優勝と、同4校目の大学3大駅伝(出雲、全日本、箱根)3冠を達成した。同時達成は史上初の快挙となった。(タイムは速報値)

◆1区(21・3キロ) 梶谷瑠哉(2年) 「しっかり役割を果たせた。安心して2日目を見ることができた。ずっと箱根駅伝は出たいと思った。優勝メンバーに入ることがうれしい」

◆2区(23・1キロ) 一色恭志(4年) 「東京五輪へ向けた通過点と自分で言い聞かせてきたけど、青春の詰まった2区。3月のびわ湖毎日マラソンで世界選手権の出場権をつかみとって、東京五輪へ向けてステップアップしたい」

◆3区(21・4キロ) 秋山雄飛(4年) 「自分にたすきが渡ったときは2位。力んで走り過ぎると、後半ばててしまうと思ったので、落ち着いて走った。先頭に立ったときは去年の感覚を思い出しながら、気持ちよく走った。レース前からみんなに不安といわれていたので、不安をくつがえす走りができてよかった」

◆4区(20・9キロ) 森田歩希(2年) 「秋山さんが最高の位置でもってきてくれて、そのおかげで余裕をもって走られた。秋山さんがラスト、笑顔で楽しそうに走っていたので、僕も楽しく走れた」

◆5区(20・8キロ) 貞永隆佑(3年) 「体が勝手に動いてくれた。前半は順調に走ることができた。自分のペースを心がけて走った。区間順位が悪くて納得する結果ではなかったので来年リベンジしたい」

◆6区(20・8キロ) 小野田勇次(2年) 「思ったよりタイムが伸びなかったけど、早大との差を広げられてよかった。もう1回、6区を走って、区間賞を狙えるような走りをしたい」

◆8区(21・4キロ) 下田裕太(3年) 「平常心で自分の走りができてよかった。今回は走りやすい区間で走らせてもらって結果を残せた。来年はエース区間といわれるところで結果を残せるようにしたい」

◆9区(23・1キロ) 池田生成(4年) 「とてもしんどかったけど、沿道の応援のおかげで走りきることができた。下田には朝にLINEで『(中継所の)戸塚で待ってる』といったけど、元気な姿でたすきをもってきてくれて、勇気をもらえた」

◆10区(23・0キロ) 安藤悠哉主将(4年) 「僕の前の9人がいい形でつないできてくれたので、楽に走らせてもらって、最後は余裕をもってゴールできた。思いというか汗がにじんだたすき。サポートしてくれた選手を含めていろんな思いがこもったたすき。一番にもってこられてよかった。走りきって足が壊れた」




posted by masa_senmon_999 at 19:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【箱根駅伝】山梨学院大と明大が同タイムでゴールイン…それでも山梨の順位が上の理由は?

E99D92E5B1B1E5ADA6E999A23-thumbnail2.jpg
Seesaaブログより引用。

◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

山梨学院大と明大が、2日間かけ217・1キロ走った結果、総合タイム11時間29分17秒で同着。規定により山梨学院大が17位、明大が18位になった。

両校は最終10区でともに繰り上げスタート。大手町・読売新聞東京本社前に先に“ゴールイン”したのは明大・坂口裕之(2年)だった。山梨学院大・熊代拓也(4年)は区間最下位で、明大が1分51秒早くゴールラインに到達した。繰り上げスタート前の復路9区までのタイムでも明大が55秒早かった。だが山梨学院大は往路で明大より2分46秒先着。この“貯金”で同タイムだった。

これで山梨学院大が上位の17位になった理由は―。

「第93回東京箱根間往復大学駅伝競走競技実施要項」の「同タイムの順位」では、「区間上位者数の多少による」と定められている。山梨学院大の区間ベスト順位は5区・上田健太(3年)の7位。明大は7区・磯口晋平(3年)の10位だったため、山梨学院大が17位、明大が18位となった。

◆第93回東京箱根間往復大学駅伝競走競技実施要項
概要、5・同タイムの順位
繰り上げ出発等により、フィニッシュの着順が成績順位を示さない場合の同タイム大学の順位は、区間上位者数の多少によるものとする。すなわち、まず区間1位の数で比較し、それが同数の場合は区間2位の数と、ひとつずつ順位を下げて数を比較し、多い大学を上位とする。ただし、それでもなおすべて同数の同タイム大学がある場合は同順位とし、それが10位以内の場合はすべての大学が次回大会へのシード権を取得する。


posted by masa_senmon_999 at 19:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5位神奈川大、12年ぶりシード権確保 箱根駅伝

20161015-OYTSI50008-L.jpg
読売新聞より引用。

2度の優勝を誇る神奈川大が12年ぶりにシード権を確保する5位に食い込んだ。復路は6位でスタートし、8区では3位の東洋大に6秒差まで迫る健闘を見せた。「やっとスタートラインに立てた。近い将来優勝候補にまで上げていきたい」と大後監督。前日、主力の集まる2区で区間賞を獲得した鈴木健(3年)は「最後まで何があるか分からないので冷や冷やしたが、本当にうれしい。一人一人の役割を果たすことができました」と笑顔だった。


posted by masa_senmon_999 at 19:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広瀬すず熱愛彼氏2017は成田凌!

hirose-narita-246x200.jpg
topic-intro.netより引用。

今や国民的美少女女優である広瀬すずさんに、ついに熱愛報道が出ました!

相手はモデルで俳優の成田凌さんで、真剣交際しているとのことで、馴れ初めや結婚や破局について調べてみました!

広瀬すずの熱愛彼氏2017の成田凌とは


広瀬すずさんの真剣交際相手である成田凌さんは、現在23歳で身長181cmの長身イケメンです!

広瀬すずさんの身長が158cmということで、身長差もありいい感じですね!

2013年からメンズ・ノンノの専属モデルとして活動し、2014年にはドラマ「FLASHBACK」で主演俳優デビューを果たしました。

そして、2016年大ヒットドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」では、梅原ナツキ役をこなし注目されました。

声優業もこなしており、アニメ「ONE PIECE FILM GOLD」ではカーブ役を、そして2016年大ヒットした「君の名は。」では勅使河原克彦役を担当するなど、幅広い活動をしています!

まさか、あのテッシー役の人が広瀬すずさんと付き合っているとは・・・・

まだ芸能界入りして間もないので、これからが楽しみな成田凌さんですね!

広瀬すずと成田凌の馴れ初め

現状では詳細な出会いのきっかけは分かっていませんが、二人の接点としては2015年に放送されたドラマ「学校のカイダン」での共演歴があります。

この時に知り合い、意気投合して連絡先交換でもしたのではないでしょうか?

この時の「学校のカイダン」では、広瀬すずさんは連続ドラマ初出演ということで、色々不安な時期であったでしょうから、その時に成田凌さんがアドバイスなどして親密になったのかもしれませんね。

広瀬すずと成田凌の結婚や破局の可能性

現状ではありえないでしょう!

まあ、言わなくても分かるかと思いますが、なんせまだ若すぎますからね(笑)

広瀬すずさんは18歳でまだ未成年だし、女優としてこれからが期待されている身ですからね。

成田凌さんも、芸能界に入って3年ほどなのでこれからどんどん頑張らなくてはいけない時期なので、結婚はありえません。

破局についてですが、真剣交際しているものの、やはりまだ若い二人です。

芸能界には魅力的な人がたくさんいますし、年齢的にも選択肢はかなりあります。

そして、これからがどんどん売り出していく時期に、スキャンダルでは事務所も放置しておかないかもしれません。


posted by masa_senmon_999 at 19:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広瀬すずが真剣交際「逃げ恥」出演イケメン成田凌と

w700_aa8518bb6e7ba3be4c023409dd68249bde5469bdbb58efe0.jpg
モデルプレスより引用。

女優広瀬すず(18)が、モデルで俳優の成田凌(23)と真剣交際していることが12月31日、分かった。ドラマや映画、CMに多数出演する超人気若手女優を射止めたのは、話題作への出演が続く期待のイケメン俳優だった。広瀬は清純派としても知られ、これまで熱愛報道が出たことはなかった。将来性豊かなフレッシュなカップルは、新春の芸能界で話題を集めそうだ。

今を時めく売れっ子女優は、多忙なスケジュールの合間を縫って、人知れず愛を育んでいた。複数の関係者によると、広瀬は、15年1月期に放送された自身初の主演ドラマ「学校のカイダン」(日本テレビ系)での共演をきっかけに成田と知り合った。遅くとも昨年秋ごろには真剣交際に発展していたという。都内のコンビニに、成田と2人で仲むつまじく訪れていたという目撃情報もある。

13年にドラマ「幽かな彼女」で女優デビューした広瀬は、高い演技力と清純さあふれるルックス、独特のオーラで、トップ女優への階段を駆け上っている。15年には映画「海街diary」での演技が評価され、日刊スポーツ映画大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞などの映画賞を総なめにした。最もノリにノッている女優と言っていい。

一方の成田は、身長181センチで、13年からファッション誌「MEN’s NON−NO」専属モデルとして活躍中のイケメン。14年にフジテレビNEXTのドラマ「FLASHBACK」で俳優デビューした。昨年は、アニメ映画「君の名は。」に声優(勅使河原克彦役)として出演し、TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも好演(梅原ナツキ役)が話題になった。

また、昨年公開の映画「L−エル−」で、成田は広瀬の姉アリス(22)と共演。昨年11月に行われた舞台あいさつでは、「男性陣から1人選ぶとしたら?」と聞かれたアリスが、その場にいない成田が演じた役「パン屋さんが一番いいかなと思いますね。ごめんなさい」と回答。姉からも“お墨付き”をもらっている。

広瀬は今年3月公開の「チア☆ダン」、秋公開の「先生!」などの出演作を控えている。成田も今月8日スタートのフジテレビ系ドラマ「大貧乏」(日曜午後9時)でもメインキャストを務めており、今後さらに注目を集めていきそうだ。

未来の芸能界を彩る、フレッシュで爽やかカップルの誕生だ。広瀬はこれまで清純な学生役が多く、熱愛報道もなかったこともあり、2人の恋の行方はより注目を集めていきそうだ。


posted by masa_senmon_999 at 19:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田凌、広瀬すずと熱愛報道「逃げ恥」「君の名は。」抜てき続く注目株

ダウンロード.jpg
Yahoo!ニュースより引用。

【成田凌/モデルプレス=1月1日】俳優の成田凌(23)が1日、女優の広瀬すず(18)と真剣交際していると一部で報じられた。ここでは成田のこれまでの活躍を振り返る。

◆広瀬すずと熱愛報道 双方事務所が否定

1日、一部にて広瀬との真剣交際が報じられた。モデルプレスの取材に対し、成田の所属事務所は「交際の事実はありません」とコメント。広瀬の所属事務所も「事実無根です」と、双方ともに交際を否定した。

2人は広瀬が主演したドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ/2015年)で共演している。

成田は1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。2013年より「MEN'S NON-NO」専属モデルとして活動をスタートさせ、2014年にフジテレビNEXTsmartオリジナルドラマ「FLASHBACK」で俳優デビューを果たした。

2015年、ドラマ「学校のカイダン」(日本テレビ系)で知名度を上げると、2016年には一大ブームとなった映画「君の名は。」でヒロイン宮水三葉(上白石萌音)の同級生・勅使河原克彦役で声優に挑戦、新垣結衣の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で主人公みくり(新垣)の伯母・土屋百合(石田ゆり子)の部下・梅原ナツキ役を務めるなど、話題作への出演が相次いだ。

2017年も映画「キセキ −あの日のソビト−」(1月28日公開)、フジテレビ系新ドラマ「大貧乏」(1月8日〜)と待機作が控えており、本格ブレイクが期待される注目株だ。


posted by masa_senmon_999 at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。